風俗へ所沢contest at six

  • 投稿者 : きっかわボンテージ
  • 2014年2月12日 10:57 PM

風俗王子はデリヘル嬢をベッド脇(わき)に連れていった。「紹介するよ。思うに所沢 風俗であれこちらは友達のデリヘル嬢、カクアお色気夫人。デリヘル嬢、母のサリー・風俗王子です」「ごきげんよう、奥さま」風俗王子の母親の声は硬く、かすれていた。「いい夜ですこと。ご主人はどちらに?」「彼女は未亡人なんだ」風俗王子が短く説明した。どうしてよいかわからず、デリヘル嬢は小さく膝を折ってあいさつした。「お目にかかれてうれしゅうございます、ミセス・風俗王子」麗しのデリヘル男爵と愛のプレイおもしろい冗談だとでも受けとられたのか、甲高い笑い声がベッドのなかから聞こえてきた。所沢では「本当に?思ってもみませんでしたわ、こんなところにお色気夫人がおいでになって、お目にかかれてうれしいとかおっしゃるなんて」節くれだった手が闇のなかから伸びてきて、デリヘル嬢をさし招いた。「どうぞこちらへ。お顔をよく見せてくださいな」デリヘル嬢は喉を上下させ、ベッドに近づいた。実は所沢ばっかり闇にのみこまれそうになっている小さな姿が、ようやく目に映った。表情はわからないけれど、その目は蝋燭(ろうそく)の明かりにきらめき、こちらを無遠慮に注視している。「きれいな方ね、とてもきれい」ずいぶんたってから、ミセス・風俗王子が口を開いた。「小さいけれど」「お母さん」風俗王子が戒めた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。